35歳以上の高齢出産や不妊

テレビなどで40歳以上の芸能人の高齢出産のニュースが取り上げられることもあり、治療を行えば誰でも何歳でも妊娠できるようなイメージを持つ人がいますが、実際には女性の卵子は生まれたときが最大であり、年齢を重ねるごとにその数は減少していきます。毎月生理が来ていても排卵が起きていないこともあるのです。有名人のケースはレアケースで幸運な例であるのが実際なのです。外観は若く見えて綺麗な40代の女性も多いのですが、卵子の年齢は実年齢と比例しています。卵子の老化は現在の医学の治療や薬をもってしても防止することができません。さらに、日本は世界でも不妊治療を行っている女性の年齢が突出して高い国なのです。
35歳以上での出産を高齢妊娠、高齢出産と言いますが、自然妊娠は難しくなっており、不妊治療で体外受精を受けた場合でも、受精卵が確保できたケースであっても妊娠率は30%程度です。40歳を超えるとさらに妊娠率は下がり15%程度になります。さらに妊娠しても、年齢が上がるほど出産率は低下していきます。
35歳以上での不妊治療では採卵を行ってもホルモン治療を行っても卵子が育たなかったり、そもそも卵子が取れなかったり、卵胞が大きくなっても卵子が入っていないことが増えます。卵子が取れて、精子を受精させても上手く授精できずに培養液の中で精子が死んでしまったり、授精しても細胞分裂が途中で止まってしまうケースも多いのです。受精卵のグレードが低いと卵をお腹に戻しても着床しにくく、せっかく子宮に戻したけれど妊娠しない場合も多いのです。さらに妊娠しても出産や子育てにも体力が必要です。
女性の年齢が高いだけでなく、男性側に妊娠を妨げる原因がある場合もあるので、結婚して1年経ち、普通に夫婦生活を行っていても妊娠しないときは夫婦で早めに専門クリニックに相談に訪れる方が賢明です。
専門のクリニックで治療を受けた場合でも効果が表れるのは43歳ぐらいまでだと考えられています。助成金に年齢制限が設けられたのもこのことからです。治療は、妊娠するか、自分で諦めるかが治療をやめるタイミングですが妊娠以外の場合では判断がとても難しいものです。女性の社会進出がすすみ社会での女性の活躍も目覚ましいものがありますが、医学の進歩をもってしてもいまだ妊娠は女性の本来持つ卵子にほとんど委ねられてますのでできるだけ若いうちに妊娠、出産をできることが理想です。